実際の職場環境はどうか

給料だけでは無い!職場環境も重要

工場の求人に応募する場合、給料や福利厚生などの労働条件とともに職場環境もチェックしましょう。一日の三分の一を過ごさなければならない職場です。快適な環境が望まれるのは当然のことですね。実は職場環境をチェックするのは、さらに別の理由があります。職場の温度や湿度の管理が十分にされているかは、労働者だけでなく製品品質にも大きな影響があります。製造者責任が問われる世の中ですので、品質は会社の運命を左右します。その管理ができているかどうかは、職場環境をみれば分かります。人間にダメージがあるような環境でも放置されている工場は、品質管理にも問題がある場合が多いといえるでしょう。長く同じ職場で働きたいと思ったら、職場環境も十分にチェックして応募してください。

5Sも重要なポイントです

最新のエアコンが設置されていて、真新しい工場でもそれが良い会社だとは限りません。可能ならば工場の5Sの状態もチェックしましょう。5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・躾の5項目を言いますが、これがないがしろにされている会社は良い会社とは言えません。この5Sができていない会社は問題を抱えている場合が多いのです。まず、挨拶もできない会社は管理されているとは言い難く、整理整頓や清掃が不十分ということは品質問題を引き起こす可能性も高いといえます。なによりも、職場が汚れていても放置しているということは、従業員が自分たちの職場に愛着が無いということです。これではどんなに高い技術力を持つ会社でも将来は不安です。できれば社員に愛されている会社を選びたいですよね。