住み込みで働くデメリット

仕事中心の生活になりがちなので、何か趣味を持とう!

工場の求人は住み込み形態であることも多いです。家賃や光熱費がかからないことなどメリットも多いですが、気を付けなければならない点も出てきます。そもそも住み込みの寮やアパートは、会社から非常に近いことが多いです。通勤時間や交通費がかからないというのは良いのですが、どうしても会社と住まいの行き来だけの日常になってしまいます。仕事のみの生活になってくると、気分転換もできませんよね。住み込みの求人を探す際には、周りの環境もチェックしてみましょう。何かしら商業施設や観光地、レジャー施設などがあれば休日も楽しめます。またマラソンや音楽など没頭できる趣味を持つことで、職場に近い寮住まいでも活き活きと暮らせるのではないでしょうか。

門限はないか、相部屋ではないかなどを事前にチェック!

工場の住み込みアパートによっては、いろいろな規定が定められている場合もあります。意外と多いのが、門限です。古い寮では部屋の壁も薄く、遅くに帰宅するとドアの開け閉めの音なども響いて周りに迷惑です。そのため、21時までには帰宅するようにと決められているような所もあるでしょう。また会社の人とその家族以外は入室禁止の所もあります。友人や恋人と部屋で過ごすことができないのも寂しいですよね。そのほかにも、ほかのスタッフと相部屋の場合も見られます。あまり窮屈すぎず快適に過ごすためにも、住み込み寮のルールについては事前にきちんと把握しておきましょう。住み込み付きの工場求人を探すなら、冷静に寮について調べることが大切です。

北海道の工場の求人は、チーズなどの乳製品や農作物を加工する食品関連が多くなっています。食品工場は立ち仕事が多いので、体力がある事も重要な採用基準になってきます。